専門学校で学んだ知識でパティシエが務まるのか

「食」にかかわる仕事をしている人はたくさんいて、職業で分類するだけでも相当な数に分けることができます。ただ、細かいジャンルに分ける前の段階でいえば「調理師」「製菓衛生士」というのが業界を二分している存在といえるため、このうちいずれかに属している人がほぼすべてといっても過言ではありません。製菓衛生士の花形といえる「パティシエ」になる方法は、主に専門学校などの養成施設を経て資格を取得するというものです。調理師になるためにのパティシエ同様に専門学校などを経て資格を取得するという流れが多いですが、必ずこの方法でなければいけないということではありません。

現在、飲食業として業を成す際に必要な資格は「衛生責任者」というもので、調理師など専門的なものではありません。一切関連する知識を持たない人でも、数日程度の研修を受ければ誰でも取得することができます。研修中に安全安心な店舗経営において必要な最低限度の知識を学ぶことができるので、その知識(証明)さえできれば十分です。当然、パティシエになるためにも専門学校などを出る必須性はないのですが、「基本的な技術を学習することができる」というメリットには期待できると考えられています。

たしかに、多少なりとも訓練を積めば戦力となり得る可能性が高まりますが、少なくともよほどの努力をしない限りは実践で使い物になるような技術を訓練期間だけで身に付けられる可能性は低いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です