専門学校で保育士の資格を取得するメリット

子どもと接する仕事の代表的な職種として保育園で働く保育士があげられます。保育士になるには資格が必須ですが、この資格を取得するスタンダードな方法は、卒業時に資格を取得できる学部や学科のある大学や短大、保育関連の専門学校に2年から4年に通学する形です。それ以外の方法としては、通信講座や独学で年に2回実施されている保育士の試験を受験して資格を得る手段があります。保育園で働いている保育士の大半が、短大や専門学校で学んで卒業後に保育園に就職するという形です。

学校に通う場合に大学や短大、専門の養成学校と選択肢がいくつかありますが、なるべく早く保育士として働きたい場合は、短大や専門学校を選ぶのが効率がよいです。大学でも資格は取得できますが、現場で働くまでに4年間は時間を拘束されます。また、4年制の場合は入学するための受験勉強の準備も必要となりますし、費用も一番高額になります。4年制の大学へ進学するメリットとしては、小学校教諭の免許などの専門学校や短大では取得できないほかの資格を取得できたり、保育以外の語学などの一般教養も身に着けることができる点です。

また、保育の資格を得られる進路の中でも一番選択肢が広いのが魅力です。保育園以外の業界や職種にも興味がある場合は、汎用性の高い学習ができる4年制がおすすめです。保育に特化した学習を望む場合は、短大や専門学校がおすすめです。特に専門の養成校では、入学もしやすく、大学や短大のような入学するための学習や準備をしなくてもいいのが魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です