保育士を目指す人が専門学校で学べることは

保育園や託児所などがおもな勤務先である保育士になるためには、資格を取得できる学校に通うのが一般的です。通う学校には大きく分けて専門学校、大学や短大になります。専門性の高い保育に関する知識や技術、実習を学ぶのであれば、専門学校が一番適しています。専門学校を選ぶときのポイントとしては、「厚生労働省指定校」になっているかどうかが大事です。

保育士として登録するのに必要な保育士証は、厚生労働省指定校の学校を卒業しなければ得ることができません。専門学校には厚生労働省指定校以外に併修校もありますが、この併修校の場合は卒業しても保育士の資格は取得できないため、通信教育も並行して学習する必要がでてきます。その場合は、学費以外に通信教育に関わる費用も別途必要になり、コストや時間がかかるデメリットがあります。専門学校によって、学ぶ科目は同じでもカリキュラムや強化している分野は違います。

学校によっては、実務に時間をかけているカリキュラムであったり、児童心理学に力をいれているなど特色があります。自分が保育のどんな部分を時間をかけて学習したいかも考慮にいれて学校選びをするとよいです。見学会や説明会で学校の雰囲気を肌で感じることも大事です。学校の卒業生が実際に保育の現場で働いているかどうかも就職するときに大きく影響します。

保育現場で活躍している卒業生を数多く輩出している学校ほど就職のときに有利になりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です