保育士養成の専門学校に通うメリット

保育士は、将来就きたい職業のランキングにおいて常に上位に入る人気の仕事です。仕事の内容は、就学前の、つまり0歳から6歳までの子どもの保育をすることです。具体的には、安全を守りながら食事や排泄、睡眠、着替えなど生活全般の世話をします。また心と身体の成長を手助けし、言葉や生活のルールを教える役割も持っています。

「保育士」とは国家資格です。この資格をとるためには大きく分けて2つの方法があります。1つは、大学や短期大学、専門学校の保育士養成課程を修了することです。もう1つは受験資格を得たうえで、保育士試験を受けて合格することです。

養成課程を選ぶメリットとは、資格が確実に取得できることです。実は試験の合格率は約20パーセントと低く、厳しいものといえます。養成課程を卒業すれば試験を受ける必要がないので、早く職業に就くことができるのです。そのなかでも専門学校は2年制のカリキュラムをとることが多く、4年制大学よりも短期間であるため学費を抑えることができます。

また一般的に大学や短期大学では理論をより深く掘り下げて学ぶ傾向がありますが、専門学校では実践的な知識や技術を学ぶことができます。就業後に役立つカリキュラムが期待できるのです。専門学校について気をつけたいのは、「文科省・厚労省指定校」と「併修校」の2種類があることです。「文科省・厚労省指定校」は卒業すれば資格をとることができます。

一方「併修校」では、資格取得のために短大等通信教育をあわせて修了することが必要です。そのかわり併修すれば短大卒の資格が得られます。それぞれのメリットを考えあわせ、希望に合った資格取得の方法を選びたいものです。大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です