保育士の専門学校について

現在、専門学校を出て、保育士資格を取得したのにも関わらず、保育の現場で働かず、別の業種で働くという人も少なくありません。それにも関わらず、待機児童は依然として多く、保育士は今や引く手数多の職種であると言えます。そのため、目指すなら今が絶好の機会であると言えるでしょう。保育士になるには専門学校や短大にて特定のカリキュラムを習得し、国家試験を受ける必要があります。

その専門学校や短大で学ぶことと言えば、児童発達の他、児童心理学や栄養学といったものの他、現場での実習を通して保育の実際を学んだりもします。それだけでなく、ピアノ等を弾くスキルも求められ、保育の専門職になるには幅広い教養を身に付ける必要があります。もし、資格を取得したのなら、活躍の場もまた幅広く、単に保育園だけでなく、近年では児童養護施設や児童デイサービス、児童相談所といったところでも働くこともできます。ただ、そうしたところで働く場合には臨床心理士や看護師といった他職種とも一緒に働くこととなるので、ある程度のコミュニケーション力も求められますが、やりがいは大いにあると言えます。

近年は保育士離れを防ぐため、政府も保育現場で働く人への待遇を良くしようとする動きもあります。実際、政府から臨時ボーナスのようなものが支給されたり、最低人員を増やしたりと、働く上での負担も少なくなってきています。こうしたことから、もし、保育士として働きたいと考えているのなら、資格を取得できる専門学校について調べてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です