保育士の専門学校に通うべきか、通信教育にすべきか

保育士を目指す人が、まず考えることが専門学校に通うべきか、通信教育を受けるべきかということではないでしょうか。保育士資格は、乳児から小学校就学前の幼児を保育するための資格です。保育園などで働くために必要になります。保育士試験は、専門学校や短大・大学を卒業している人に受験資格があります。

中学・高校卒業だけでは受験することができませんが、保育園などで一定期間の実務経験を積むと受験資格を得ることが可能です。このことから、現在高校生の人は専門学校などに通わなければ受験資格を得られません。また、社会人でも高校卒業の人は受験に実務経験などの一定の制限があるため難しいと言えます。一方で、保育系の学科ではなくても専門学校や短大・大学を卒業している人は、保育系の学校に通いなおすことなく、保育士試験を受験することが可能です。

もちろん、このことは受験可能かということであって、大学を出ていれば保育士資格を得られるということではありません。当然ながら、きちんと専門的な勉強をしなければ合格は不可能です。専門学校には、昼間2年制の課程と夜間3年制の課程があります。学費には、昼間の場合は合計200万円程度、夜間の場合は合計300万円程度必要です。

非常に高額なように感じるかもしれませんが、多くの四年制大学の学費も年間100万円前後必要になることを考えると、決して驚くほど高いという訳ではありません。一方で通信教育の場合は、5万円前後から受けることができます。通信教育は学校とは異なるもので、その教育内容についてはバラツキもあります。そのため、通信教育を選ぶときはしっかりと自分で内容を見極めて、きちんと勉強ができる通信教育を選ばなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です