静岡で水道修理を依頼するには

水道工事には新築の際に行う給水管の引き込み工事や室内の配管、下水道排水工事などがあります。道路側の工事を行うには自治体の許可が必要で、自治体の指定を受けた水道工事の業者が行います。敷地内の工事や修理も同じで、自治体の指定を受けた事業者に敷地の所有者が依頼して行います。一般家庭で使用している上下水道は、各自治体の水道局が管理しています。

その水道局が管理している上下水道で工事を行えるのは、自治体が指定を与えた事業者と水道法により定められています。静岡市内で水道修理の工事を行うためには、静岡市の上下水道局の指定給水装置工事事業者に依頼する必要があります。静岡市の水道局に認定された指定給水装置工事事業者以外に依頼して水道修理を行うと、後でトラブルが起こる可能性があります。最悪の場合、法律に違反したとして給水を止められる可能性もあるので注意してください。

台所やお風呂場など水回りの部品の交換を、居住者が行うことに問題はありません。蛇口のパッキンやカートリッジなどの部品は、正しいサイズのものを取り寄せれば誰でも交換することが可能です。しかし配管を伴う水道修理は、大掛かりな工事になる可能性があり素人が行うのは危険です。地域の水道局の指定給水装置工事事業者に修理を依頼した方が安全です。

指定給水装置工事事業者は身元も確かで、トラブルが起こる可能性は低くなります。もし仮にトラブルが起きたとしても、水道局に相談できるので安心して修理を依頼することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *